アフィリエイトで更新頻度に注意しながら挑戦した話

アフィリエイトで大事に取り組んだこと

今までアフィリエイトをした経験がありますけど、その中で大事に取り組んだことについてお話していきます。

ブログでアフィリエイトを取り組みましたけど、その中で大事に取り組んだのが、記事の更新になってきます。

ブログの場合は、記事の更新頻度が少ないですと、どうしても検索順位が下がってしまう可能性が高くなります。

新しい記事ほど、価値があるものと判断されるからです。

ですので、できる限り更新頻度を高めて、最低でも2日に1回は行うようにしたのです。

もちろん、内容の濃い記事を書いていく事も心がけたのです。

そうする事によって、検索順位の方も安定してきましたし、いきなり順位がかなり下がっていたという事もなくなって良かったです。

ブログの更新を頻繁に行うのは、大変な時もありましたけど、大事な事だったですので、その点は毎日意識して、更新頻度が遅くならないように注意していったのです。

ブログの更新頻度を意識するようになってからは、アクセスも増えてきたメリットがありましたし、アフィリエイトにおいてはかなりプラスになったので良かったです。

やはり、ブログでアフィリエイトをやる時には、更新頻度というのが重要だと感じたのです。

アフィリエート挑戦記

定年退職して暇な時間で小遣い稼ぎ程度のネットを活用した仕事をできればと、いわゆるネット副業について調べ、クラウドソーシングで趣味の写真の仕事を時々確保する事と、タスク作業で簡単な文章作成の仕事をコツコツと始めました。

文章作成の仕事に慣れて来ると、月に2,3万円を確保でき、写真の仕事が確保できた時には、それにボーナス的に収入がオンされると言う状態を構築できました。

しかし、タスク作業の文章作成の仕事の多くは、アフィリエーターが発注している事を知り、またあるアフィリエーターのタスク作業で文章作成するような稼ぎ方は、常に水を掻き続けて稼ぐような仕事で、その文章作成を自分のアフィリエートサイト構築に振り向ければ、財産となりやがてその財産が稼いでくれると言う文章に接しました。

アフィリエートで稼げている人は、ほんの一握りだとは知っていますが、自分のサイト構築は財産となり、やがて自然と稼いでくれると言う文章に触発されました。

騙されたと思って、タスク作業の文章作成の仕事を続けつつ、アフィリエートにも挑戦してみようと考えました。とにかく100記事まで自分のサイトに文章を載せ続け、そこで継続するか止めるのかの判断をしようと考えています。

現在50記事を掲載し、アフィリエート収入は、グーグルアドセンスのクリックで1円を稼いだだけです。何の工夫もせず、とにかく旅行記事をアップしているだけなどでこんなものだろうと思っています。

これから、さらに50記事を追加すると共に、稼ぐノウハウを少し勉強して100記事までは続けようと思っています。

これもネットビジネス副業を成功させるための、1つの経験と考えています。

継続しやすいネットショップをしつつ、株で食費を節約してます

ネットショップのビジネスが簡単で継続しやすい

私はネットショップの副業をしています。

ネットショップは取り扱う物によって、すごく楽に儲ける事が出来ます。

私はバスソルトを取り扱っているのですが、成分が地中海の塩でかなりのデトックス効果が臨めるので、リピーターが多いおかげで宣伝する必要がないから何とか続いています。

注文は全てメールで受け付けるようにしています。

洋服や雑貨とは違ってバスソルトは欠品商品がないので、今の所クレームもないからネットショップの商材として大変適しています。

配送も郵便や宅急便を活用しているのですが、本業の休み時間や仕事帰りでも配送できます。

だいたい月に5~10万円ぐらいは、稼いでいます。

副業の収入はとりあえず貯金しておいて、将来ショップを構える時のための資金として貯めています。

実は本業だけだと毎日がつまらないのですが、副業を始めてからは、仕事の休み時間や終業後に、「今日はどのぐらい注文がきているかな?」とネットショップの注文メールをチェックする作業がとても楽しいです。

毎日ネットショップの売り上げのおかげで、張り合いのような意識が芽生えてきました。

本業だけで人生を終わらせないためにも、副業の存在って大切だなと思いました。

株でだいぶ食費が減ってきた話

副業で株を始めてもうすぐ2年がたとうとしています。

嬉しいのは再投資に再投資を重ねて株主優待をゲットし続けた結果、食費が減ってきたことです。

株主優待にはいろんな種類がありますが、その中でも狙っているのが金券とクオカードですね。

どちらも外食で使えるものなので、大きな出費を抑えることができています。

何よりクオカードはコンビニで使えるのでランチやちょっとしかおやつを購入するときに活用できています。

年に2回出してくれるところもあるので、それだけで一日分くらいはクオカードだけで済ませることができます。

最近は野菜を売っているところもあるので、普通に料理するときに使うこともできています。

金券でいうと、マクドナルドや吉野家の優待券が重宝しています。

マクドナルドは昼マックがなくなってしまったのですが、そういったものを気にせず、金額を気にせずに好きなものを食べられるのがいいところです。

おまけにコーヒーだけ飲みたいときなど切り離して使えるのも魅力です。

吉野家の方については、300円ずつ優待券が使えるので使いやすいです。

吉野家の牛丼だけでなく、京樽のお寿司とかはなまるうどんのうどんが食べられるので、好きなものをチョイスできるのも気に入っています。

月3〜5万FXで稼ぐ方法&得意をお金にするココナラ副業

FXで月に3万~5万円稼いでいます

副業でFXを始めた理由は小額資金で始められる、すぐに収入になるからです。

もちろん、損をしたらマイナスになってしまいますが、アフィリエイトやオークションよりもすぐに稼げると思いました。

始めた当時は円安相場で月に20万円の副収入を得ていました。

でもいつまでも円安が続くわけではなく、円高になり、ロスカットされてしまい、それから分相応の取引をするようになりました。

FX取引は通貨ペアを選んで円高か円安か予想するだけですが、これが意外と難しく勝っては負けてはの繰り返しでなかなか資産が増えませんでした。

それでやり方を変えてスワップを貯める取引に変更したのです。

FXはスワップ金利といって金利差を毎日受け取ることが出来ます。

円高になった時にオーストラリアドルやニュージーランド、南アフリカランド通貨をコツコツ買っていたら毎月3万~5万円ほどスワップ金利で稼げるようになりました。

FXは小額で大きなリターンを狙えるのが魅力です。

月に100万稼いでいる方やFXで1億稼いでいる方もいますが、私には無理だと分り、お小遣い程度を稼いでいる感じです。

本当はもっと稼ぎたいと思っていますが、取引なしで月にこれだけ収入が入ってくるので良しとしています。

自分の得意をお金に換えるココナラで副業

ココナラという自分のサービスを販売できるインターネットメディアが存在します。

サービスの形式は問わず、1件500円~販売することができます。

WEB制作が得意なのであればホームページ制作を販売し、イラストやデザインが得意なのであればそれも500円~受注することが可能です。

私は大学時代にマジックサークルに所属していたこともあり、手品のタネを販売しています。

販売方法としては手品のレベルに合わせて500円から3,000円までのテーブル料金を設け、テキスト+動画を納品する形です。

追加料金を貰えばスカイプや訪問などを行い直接指導するといったオプションも付け加えています。

この手品というジャンルは、忘年会のネタや結婚式の余興としてかなりの需要があるようで、ドンドン売れていきます。

いくら売れても手品のタネには在庫という概念がないので、かなり美味しい商売となっています。

もちろん新しい手品のタネを追加していく必要が今後はあると考えています。

自分を省みた時、他人よりも得意なものが、2つや3つはあるのではないでしょうか。

それは今の仕事で身に着けたことでも良いし、学生時代に取得した特技でもいいと思います。

それを効率的に売ることで副業として成立してしまうのです。

クラウドソーシングの堅実な副業とAmazonアソシエイト

クラウドソーシングで毎日1,000円。堅実な副業

私が副業を考える際に重要視していたのは次の2点です。

一つ目は毎日短時間の作業でよく、ノルマや納期が無いもの。

これは就業時間が不規則な仕事に就いている自分にとっては必須の条件でした。

もう一つは堅実にお金が入ってくること。

初めて1か月で30万円など、大きな収入を謳う情報商材もありますが、やはり堅実・確実が一番だと考えました。

その結果行き着いたのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとはネット上で依頼があるタスクを自分で受けるか受けないかを判断しながら作業を進めていくものです。

私は大手のランサーズとクラウドワークスに登録して毎日、1,000円を目標に作業をしています。

クラウドソーシングの中には長期的にクライアントと契約するものもありますが、タスクと呼ばれる1つ作業を完了させるとお金が入る仕組みの依頼も多数あります。

アンケートや簡単な記事執筆が中心です。

それらのタスクは毎日新しいものが更新されるので、会社から帰ってタスクを確認、自分ができそうなものを1,000円分ピックアップし1時間から2時間でその作業を完了させるという取り組みを毎日行っています。

慣れてくればサクサク進め、苦になることも少ないです。

土日は少し頑張って3,000円分仕事をすれば1か月で軽く3万円は超えるので、結構なお小遣いとなります。

アフィリエイトを始めるならAmazonアソシエイト

私はネットの副業としてAmazonアソシエイトを行っています。

アフィリエイトと言えばA8やバリューコマースなどの大手のサービスプロバイダーにすぐ行きあたると思いますが、正直おすすめできません。

これらの案件で成果を出すのはかなりハードルが高いからです。

A8やバリューコマースで扱っている案件は健康食品や美容品、ネット商材など様々ですが、これらのサービスを的確に紹介し、かつこれらの商材を買ってくれるユーザーを自分のサイトに連れてこないといけないからです。

しかもコンバージョン率はかなり低い、となると初心者から成果を出すまでかなりの月日がかかってしまいます。

そこで私はAmazonアソシエイトを利用することをお勧めします。

Amazonの良いところは、アフィリエイトリンクを踏んでくれたユーザーがAmazonのどの商品を買っても成果になることです。

かつAmazonは今や日本最大級のECモールのためAmazonで買い物するユーザーは想像よりはるかに多かったです。

なんとAmazonのアフィリエイトリンクを踏んだ人の約10%は成果に繋げることが可能です。

100件リンクを踏ませれば10件のコンバージョンとなり、初心者でも成果を出しやすいアフィリエイトと言えると思います。

ライティングでの固定収入と小物づくりのネットショップ

ライティングで毎月5万円以上の収入

自宅でできる副業といえば、専門知識が必要なものもたくさんありますが、わたしが実際に行ったもの、そして今も継続している副業はインターネット環境とパソコンさえあれば、簡単にできるものです。

特に特殊なスキルも必要ありません。本業に対して影響を与えることもなく、本当にライトに続けられるものです。

クラウドソーシングという業態が非常に盛んですが私の行ってるのはその中でもライティングの仕事になります。

一般的なテーマから、少し専門的な内容もお題目としてありますが、簡単に取り組むことができます。

いくつかのサービスを利用したうえで自分自身にマッチしたサービスを選び、特化して実行していけばいいと思います。

私の場合は、毎日仕事が終わって帰宅後、1時間から2時間いろいろな作業をしながらライティングをしているのですがそれでも毎月5万円以上の副業収入になっています。

もちろん、休日は多少頑張って作業を行うことになりますが。時給ベースで考えると600円から700円になるので決して割が悪い副業ではないと思います。

それも家にいながら簡単にできるというメリットは何物にも代えがたいものだと思います。

家内の小物づくりをいかしたネットショップ

わたしは家内と二人でインターネットショップを開いています。

もちろん、わたしには本業もあり、副業としてです。

何をしているのあといえば、家内の趣味で会う小物づくりを生かしたインターネットショップです。

もともとは家内もフリーマーケットや近所の百貨店の出し物程度でお小遣い稼ぎをという感じだったのですが、せっかくだったらということで販路を広げるためにインターネットショップを開くことにしました。

家内はこの方面にはノウハウも知識も疎いため、インターネットショップの登録、ウェブサイトの制作、運営をわたしのほうで仕事から帰って受け持つことにしています。

実際の小物づくりや注文後の発送作業は家内が行っていますので、わたしはサイトの運営以外で管理しているのは販売後の入金程度のものです。

単価が安いのでそれほど大きな金額にはなりませんが多い月では5万円程度の売り上げになることもあります。

原材料が安いこと、人件費も家内と私だけなので売上金額は足しいたことはなくとも利益率はかなり高いといえるのではないでしょうか。

家族でだけで、かつ趣味を生かした副業としては非常に優れた内容になっていると思います。